2015年06月28日

夏のような盛り花・初秋のようなお生花

梅雨ですが、中野ではあまり傘の出番はありません。
嬉しいような、少し寂しいような…。

そして教室での皆さんの作品は
季節を一歩リードしています。


20150625 大塚 木苺・グラジオラス・ソリダコ.JPG

一希さんの盛り花はグラジオラス・木苺・ソリダコ。
夏の花・グラジオラスがモダンな印象。
最近、一希さんのお花はいつもスタイリッシュです。



20150627 西田 桔梗.JPG

こちらは一史さんのお生花、桔梗です。
初秋のイメージがある桔梗ですが
夏前に見る事が出来るんですね。

一史さんはこの秋に新たな挑戦をすることを決めました。
そのために強化練習開始、これが最初の作品です!



posted by 385 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

業平山茶会にて

先日の日曜日、『業平山南蔵院』さんで
新しいお茶室ご披露のお祝い茶会が華々しく開催され
そのお迎えのお花を生けさせて頂きました。

水元公園の花菖蒲祭りに合わせてのお茶会なので、
お玄関のお迎え花は、もちろん花菖蒲です。

fujisann2.jpg

花菖蒲のお生花は3枚〜5枚の葉を組んで整える
『葉組』という扱いをします。
都古流の葉組は独特で、花の勢いや強さを強調する形に組みます。

実は切り花の花菖蒲の旬は5月中旬まで、
6月に入っての花菖蒲はとても手に入りにくいのですが
たっぷりと葉を入れて、豊かで華やかな作品に仕上げました。



もう一作は、お祝いの花、大きな富士山です。
こちらは待合の中央で桜茶と共にお客様を歓迎しました。

二重切 富士

この富士山はとても太いヒバを使っており、生ける際には
いつもの小型のこぎりではなく、大きな大工道具ののこぎりが大活躍しました。

当日は天気も良く、沢山のお客様が趣向を凝らした3席のお茶席と点心、
そしていけばなを楽しんで下さいました。

お客様から沢山のお褒めの言葉を頂き、
暑さも疲れも吹き飛んだ初夏のお茶会でした。




posted by 385 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。