2012年02月13日

線にこだわった2作品です。

寒い日が続いています。
そんな中、中野通りでふと空を見上げると、桜の蕾が少し膨らみ初めていました。

もうすぐ春ですね。

お稽古には今回も春の花材がたくさんやって来ました。
今回は傾く線にこだわった2作品をご紹介します。

最初は一秀さんの盛花です。
一秀さん.jpg
花材はドラセナ・モンステラ・カラー。

一秀さんは今、基本花型のうちの傾ける型を勉強中です。
今回は太く力強いドラセナを、葉の整理によって軽やかな線に変えて傾けました。


次はOさんの作品。
Oさんの投げ入れ.jpg
黒文字・スイートピー・玉シダの三種を使いました。

こちらは剣山などの花留を使わず、花を一つ一つ花器に入れてゆく投げ入れの手法で生けました。
ふんわりとと横に伸びた黒文字の線が、繊細な表情を見せている一作です。


春は色とりどりの花が咲き、ほんとうに美しい季節です。
ぜひみなさんもお部屋に花を飾って、美しい季節を楽しんでください。



posted by 385 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。