2012年06月20日

初夏のお生花

ご無沙汰してしまい、申し訳ございません。

ブログをお休みしていた間の習作の数々をまとめてご紹介します。

今回はお生花の作品です。


最初は新芽の美しい紅葉をいけた作品です。

もみじのお生花.JPG

この紅葉は一伸さんのお庭で剪定した切り落としの紅葉を頂いたものです。
新緑の紅葉はみずみずしくて、見ているとすっきりとした気持ちになれます。

切ったばかりだったせいかとても持ちが良く、
長いことショーウィンドウの中で道行く皆さんの目を引き付けていました。



次も美しい新緑の作品です。

いぼた.JPG

一貴さんのお稽古作品、花材は「いぼた」です。

花の包みを開けた時には、曲がりが無く、根本は細く枝先はぼてっと沢山の葉を付けた枝の姿が
あまり美しいと思えないいぼたでした。

でも出来上がりを見て一同うっとり。

ぽってりとしてた枝ぶりは、不要な小枝を切り取るとすんなりと美しくなり
次にはぶっきらぼうな直線を柔らかい曲線に変身させ
初夏の爽やかさを満喫できる美しい作品になりました。

飾り気のない花材を美しく変身させる、いけばなの醍醐味です。



最期にリアトリスの作品を。

穂槍草.JPG

一希さんのリアトリス。
草ものの基本を学ぶのに適した花材です。

しかし簡単に思われるものほど奥深いものです。
丹精込めて撓めたリアトリスの1本1本の線が組み合わされて出来上がる作品
ついうっかり撓め過ぎてありえない曲線に造りがちですが
このくらいのほんのりとした曲がりが一番、リアトリスの美しさを表現できます。




リアトリスと入力するとリア鳥巣と出てしまいます。
次にリアトリスを生ける時までに単語登録をしなくては・・・。











ラベル:もみじ いぼた
posted by 385 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック