2013年09月16日

9月2週目 お稽古での自由花たち

朝晩涼しくなって来ました。
季節の変わり目ですね。

今週の教室では、夏の名残を感じさせてくれる鮮やかなお花と
秋の到来を感じさせてくれるお花、
両方を楽しみました。

まずは夏の名残から。

一翠さん.JPG

一翠さんの作品。

花材は開運竹・アンセリウム・ゴットセフィアナです。
ガラスの水盤に合わせて、スッキリと。

一翠さん、体調を崩して夏はレッスンお休みでした。
遅まきながら夏を楽しむ気持ちがあふれた作品ですね!




同じ花材でもう1作。

Sさん.JPG

Sさんの作品。
Sさんは基本形習得中なので、
今回はたっぷりと大きく広げた三角形の中での
アンセリウムの表情のつけ方がポイントです。

合わせた器と花たちの間の取り方の違いで、
ちょっとポップな印象になったでしょうか?



さて、次は秋本番のお花たちの登場です!

一恵さん.JPG

すすき・吾亦紅・女郎花・竜胆・鶏頭の組み合わせ。

一恵さんは、柔らかい水盤を使って
秋のお花たちをたっぷりと盛り込むように生けました。

一恵さん、この秋は「いけばな大正2013」展・フリースペースの部に参加が決まりました!
11月の展覧会までは、みっちりと展覧会用のお花のお稽古をする予定なので
軽やかなお花とはしばしお別れです。

こちらの展覧会もお楽しみに!



そして同じ花材でもう一つは、投げ入れの作品です。

一由さん.JPG

一由さんは秋草を大きなカゴに合わせました。
秋草とカゴ、これ以上無いような組み合わせ!

この夏から投げ入れに挑み始めた一由さん。

投げ入れは難しいと思う方も多いですが、
投げ入れでは、そっぽを向いてしまうへそ曲がり(?)のお花に手こずったり
言う事を聞いてくれるお花たちがとってもかわいく感じられたり
じっくりと一枝・一花のお花と向かい合うひと時は、また、格別ですよね!














posted by 385 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。