2014年05月25日

令法・りょうぶ・リョウブ

『令法』と書いて、「りょうぶ」と読みます。

お花屋さんによっては『両武』とも書くようです。

明るいグリーンの柔らかい葉と、白い房状の花。
流れるような枝のラインを持つこの令法をお生花のお稽古に使いました。

令法 かるかや 一芳さん.JPG

一芳さんは『かるかや(手桶)』を用いて粋な一作。

一芳さんにとって令法は秀作展でも生けた思い出の花材です。
渋い線を持つ枝を真(一番高い枝)に選んで撓めを効かせた、職人気質な作品です。


IMG_1985.JPG

こちらは一由さんの三つ寄せ。

3つの高さの異なる寸筒を合わせて飾る花型は別名『澪標(みおつくし)』と言います。
今回は令法の軽やかな枝振りを生かすために、かなり小さめの3筒を使っての作品、かわいいでしょ。

普通の花台では印象が重すぎるので、北欧製のお盆に載せてみました。












posted by 385 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック