2016年06月10日

補欠の補欠

6月3日から5日まで開催された『華道協和会展』
都古流からも副家元が参加しました。

ここ数年、花持ち最優先で檜葉類を生けてきた副家元、
今年は花持ち度外視で、花の咲いている作品を出品することにしました。

しかし花持ち度外視、傷んでしまったらその作品はおしまいです。
次の作品に変えなければなりません。
そこでなんと、2番手・3番手まで用意して協和会展に挑みました。
こちらはその第3号作品です。

協和会3号.jpg

いわば補欠の補欠。
花材は未央柳・カラー・擬宝珠。
都古流では『子持ち筒』と呼ばれている、2筒寄せ活けです。

1号が2日間展示できたので、2日目に2号作品を展示し
協和会展はお開きとなりました。
なので、お陰様でなのか 残念ながらなのか わかりませんが
この3号はお披露目する機会なく終わってしまいました。

このような訳で、こちらにてお披露目させていただきました。
1号・2号はホームページにてご紹介しております。
よろしければそちらもご覧ください。

都古流公式HP『花と語ろう〜都古流』は
http://miyakokoryu.jp/



posted by 385 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック