2015年05月27日

華やかな花

『「華やか」という言葉は
花の美しさから生まれた言葉なんだな・・・。』

そんな事を考えながら拝見した作品です。

20150521 土居 雷電・すかし百合.jpg

一彩さんのお稽古は、錦木とすかし百合を使って
『新生花』という様式で生けたお生花です。

一彩さんと同じように明るく華やかな作品になりました。

錦木は、紅葉の頃の美しい葉をイメージする植物ですが
今の頃の新緑も、飛び切り美しく爽やかです。

posted by 385 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

一歩先へ

お生花のみのコースで一年半、基本の一種生けを中心にお稽古を続けたKさん、
2種生けにトライしました。

Kさん2種生け.JPG

イボタと白菊の、爽やかな取り合わせのお生花。

一年半、じっくりと1種生けを勉強した成果でしょうか、
2種生けがすんなりと美しくまとまりました。
積み上げた時間を踏み台にして、一歩先に進めたお稽古でした。




ラベル:白菊 イボタ
posted by 385 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

今週の素敵なお花と素敵なお菓子

爽やかな季節になってまいりました。
今週の素敵なお花は大ベテラン・一瀞先生の一作

20150508 一瀞先生の自由花.gif

花材は、梅花空木・花菖蒲・スプレー菊
涼しげな取り合わせの作品は
花菖蒲の開花が楽しみです。


そして今週頂いた素敵なお菓子

レモンケーキ.JPG

木曜日に一孝さんから手作りレモンケーキのお差し入れ。
レモンの皮を練り込んだ生地とレモンジュースのアイシング
爽やかな大人の味のケーキ、とっても美味しかったです!!!

posted by 385 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

初夏の色合い

4月も残りあとわずか、もうすぐ連休です。

Kさん.jpg

初夏の色合いのお生花はデルフィニウムとオクロレウカ、
Kさんの作品です。

掛け軸は『春風満草庵』ですが、
『涼風献上』な印象の作品でした。



posted by 385 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

生け替えてみました

先月、盛り花基本型のお稽古を終えた一咲さん。
まずは基本型を踏襲して、おさらいの一作です。

一咲さん@.JPG


そして、基本型から少し離れたお花に生け替えてみました。

一咲さんA.JPG

植生を表した2株生け。

桜の季節から花菖蒲の季節へ・・・
今頃はお家で花菖蒲が薄紫の花を広げているはずです!






posted by 385 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

『いけばな×百段階段・第3期展』

今年も開催中の『目黒雅叙園・いけばな×百段階段』
都古流は第3期、3月31日〜4月5日に参加し
無事終了致しました。

ご来場いただいたお客様方、
第3期展でご一緒させて頂いた他流派の皆様
雅叙園スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

『写真を撮りたい』と、沢山のお声を頂きました。
会場の決まりで撮影はお断りさせて頂きましたが
一枚、ご覧下さい。

風の桜

風に揺れる枝垂れ桜の姿を生けた作品です。

近日中に他の作品と共に
ホームページにアップする予定です。
よろしかったらそちらもご覧ください。



posted by 385 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

いけばな協会展その後

3月4日から9日まで、新宿高島屋で華やかに開催された『いけばな協会展』
無事終了致しました。

会場にお越しいただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

都古流からは6名参加、うち5名が木瓜のお生花を出品しました。
その様子は近々ホームページにアップします。


今日はその後のお話。

お生花はある程度枝を選ばないと生けられない様式のいけばなです。
先週のお稽古では、いけばな協会展で選ばれなかった枝を使って
3作の作品が仕上がりました。


20150312 小林 木瓜.jpg

Kさん。
いけばな協会展でも木瓜の二重切添流しを出品、
その反省を即座に研究する後姿にいけばなへの心意気を感じました。


一元さん 木瓜.JPG

一元先生。
協会展では毎回大作を生けて来た先生は
「一度家元先生作品のような力強い小品が生けたい」との事で
今回の協会展に挑みましたが、その結果やはり大作に。(迫力満点でした!)
そこで今回こそ小品にチャレンジ!
憧れを持つと、挑戦することの楽しさが倍増しますね。


20150213 床の間 無事 木瓜.JPG

最後はOさん。
たっぷりと投げ入れ。
赤い木瓜は日に日に色が薄くなり、
艶やかな赤から穏やかな赤へと変化してきました。
展覧会の2日間では見る事のない優しい木瓜の色。

展覧会後のお花を存分に楽しんだ春の一日でした。



posted by 385 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

雪の柳

関東地方は雪になりました。

そんな今日の床の間は『雪の柳』

雪の柳.jpg

都古流で数多く伝承されている枝垂れ柳生け方
その中の冬の姿です。
深く撓んだ柳の枝に、積もった雪が見えますか・・・?
posted by 385 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 床の間のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

平成27年も、どうぞよろしくお願いいたします

平成27年が始まりました。
どのような年にしましょうか?

皆様それぞれに
納得の行く時を過ごされますよう願っております。

そんな気持ちを込めて、今年最初の作品です。

五葉松・千両.JPG

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 385 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 床の間のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

いけばな男子のお正月

都古流の家元教室では、
毎年12月28日にお正月のお花をお稽古します。

今年の28日には、素敵な装いで参加してくれた方がありました。

Tさん1.JPG

いけばな男子は和装でお正月花!

教室に入っていらした時に、思わず
『まぁ素敵!』 の一言が出てしまいました。

装いはクラシカルですが、生けた作品はとってもモダン。

Tさんのお正月花.JPG

青竹にシンピジウムと葉ボタン、万年青の組み合わせ。
丸めた万年青の葉がポイントです。

お花の組み合わせからご自分で考えたこの作品で迎える新年が
なお一層輝く一年でありますように。



今年も残すところあとわずかとなりました。
この一年、どうもありがとうございました。

ブログをご覧いただいた皆様、
佳い年をお迎えくださいませ。

お稽古にいらっしゃる皆さん、
来年もじっくりとお花と語り合いましょう。












posted by 385 at 18:28| Comment(1) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

MERRY CHRISTMAS!!!

もうすぐクリスマス。
街中ではきらびやかなイルミネーションが
輝いています。

教室でもお花でクリスマスの雰囲気を楽しみました。

Tさんのクリスマス.JPG

こちらはTさんの作品です。
白く塗ったドウダンにカーネーション・ユーカリのクリスマス配色の作品。

海外留学中のお嬢さんがクリスマス休暇で帰国されているとの事で
いつもより少しウキウキして生けていらっしゃいました。
楽しんで生けるって、とても大切です。
見る人にも必ず伝わりますから!


そう言えば、この作品を見ていた平成男子のTさん(生けたTさんとは別人)から
「赤いカーネーションって、珍しいですね!」
という言葉が出て、教室内はちょっとざわついてしまいました。

昭和生まれには、母の日と言えば赤いカーネーションなのですが
平成生まれには母の日はピンクのカーネーションなんですって!!


クリスマスが終わったら、お正月のお花です。
今年も本当に残りわずかとなりました。
posted by 385 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

エリトリア国大使賞

先日行われた『いけばな大賞2014』展

都古流からは、特別審査部門にエントリーした一敬さんが
部門第2位で特選入選、そしてエリトリア国大使賞を受賞しました。

2014.jpg

夏以降、毎週悩んだりため息ついたりしながらもニコニコと
一直線に三重切と格闘し続けた結果、感無量です。

おめでとございます、一敬さん。そしてお疲れ様でした。



そんな緊張の日々から解放されて
久々に生けた一敬さんの自由花。

一敬さんの自由花.jpg

シルバーキャット・ドラセナ・パフィオの取り合わせ。
一つ、超えた今の気持ちが表れているな、と思いました。





その後一敬さんから届いたメールは
こんな一言から始まっていました。


『エリトリア国大使賞のWです。』


これからはそう呼ばせて頂きます(笑)。






posted by 385 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

薩摩と浪速に錦を飾ろう!

薩摩出身の一瑞さん。

一瑞さんにいけばなのお稽古を勧めてくれたのは、
ご自身も東京にいらした頃にい稽古にいらしていたお母様。

入会されてほぼ2年、お生花もさらさらと生けられるようになり
今回は行体・高受けを入れる、という2つの新しい要素を含んだ作品を生けました。

一瑞さんの孔雀ヒバ.JPG


お稽古で生けたお花はメールでお母様にも見て頂いている、と言う事で
今回はお稽古の作品を教室の床の間に飾り、ご自身も入れて写真を撮りました。

メール、送りましたか?
お母様のご感想、楽しみにしています!



そして浪速出身の一由さん。
いつもアーティスティックなお花を生けるデザイナーさんです。

今回はフォルムのはっきりとしたストレリチア・カンガルーポー・旭ハランの組み合わせを使って
2口の花瓶に挑戦しました。

一由さん ストレリチア.JPG

今月は地元浪速で絵画展開催の為、お花のお稽古はこの一回のみの一由さん。
絵画展の成功をお祈りしています!

一由さんによると、浪速の女性には年齢に関係なく
アニマル柄を好むDNAが組み込まれているそうです。
毎週末の帰省でそのあたりも開花するかしら?
来月、お土産話とイメージチェンジを楽しみにしています!


posted by 385 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

神宮、手直ししてきました!

明治神宮の献花の手直しをしてきました。

家元のヒバにはバラを加えて華やかに、
一敬さんの木瓜は開花が進んで明るくなり、さらに線を整えてすっきりと。

さらに美しくなった献花作品、ぜひご覧ください。
明日11月4日の朝10時までご覧いただけます。

連休のせいか、いつもより沢山のお客様が神宮を訪れ
お花の手入れにも人だかりが・・・。

写真はギャラリーに囲まれながら手直しする一敬さんです。
木瓜の花について沢山質問されていました。

本当はもっとたくさんの方に囲まれていましたが
その時はあまりに人が多くて写真が撮れないほどでした。
お客様に楽しんでいただけて何よりです。

IMG_2941.JPG

posted by 385 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

菊華も良いけど献花もね

本日10月31日より、11月4日まで
明治神宮の秋の大祭が開催されています。

都古流は本殿回廊の献花に参加、
家元作のしのぶヒバと渡辺一敬作朱木瓜の大作の
2作を出品中です。

(作品写真は閉会後、ホームページで公開の予定です。 お楽しみに!)

なお、この時期参道では菊華展も開催されています。
毎年、人の顔程の大輪の菊や懸崖仕立ての小菊など
艶やかな菊の花にため息をついて拝見するのですが
今年は美しさに加えて、思わず笑顔になってしまう盆栽の寄せ植えが出品されていました。
菊華展.JPG

可愛すぎて思わず写真に収めてしまいました。

3連休は雲が主役のお天気のようですが
雨の神宮もなかなか風情があるものです。
献花と菊華展の楽しめる3連休の明治神宮に、ぜひお出かけくださいませ。
posted by 385 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

こんな花器に生ける!

久しぶりに草もののお生花をお稽古することになった一貴さん。

花材はオンシジウムとレザーファン、
明るい色合いでモダンな印象の取り合わせです。

新しい教室の新しい花器棚を見つめる事数分・・・

そして・・・

一貴さん、草ものを生ける.JPG

選ばれたのはパンダの花器でした!

花器はカワイイですが
きちんと木蜜を掛けて生けられる本格派の器です。


この花器は『MADE IN CHINA』ですが
アメリカはダラスの雑貨屋さんで出会ったもの。
それから早や10年、やっと生徒さんにも使ってもらえました!

posted by 385 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

初めての草もの

10月に入り、新しい教室もだいぶ落ち着いてきました。

そんな中、秋らしい作品を一つ。

一孝さん ホトトギス.JPG

今年のお正月に最初のお免状を取られた一孝さんの、
初めての草もののお生花作品です。
(お稽古を始めた頃には、まだ草ものは生ける事ができないので)

記念すべき草もの第一作なので、花器もいつもの寸筒ではなく
籠にしてみました。

花材はホトトギス。
今頃は、お家のお庭で沢山咲いている、とおっしゃる方も多い、
秋のお花の代表格です。

遠目で見ると穏やかで楚々とした和の風情のホトトギスですが、
アップで見ると実は誰よりもワイルドなんです!
ホトトギス.JPG
ラベル:ホトトギス
posted by 385 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

新しい教室

移転したばかりで、まだまだ雑然とした印象が残っている新しい教室。

先日、ここに新しい家具を造りました。
旧教室の収納の扉を組み合わせて箱状に作った畳1畳分ほどのテーブルです。

4月の目黒雅叙園で使った沢山の流木を収納するために作ったのですが
思った以上に収納力があり、他にもびっくりするほど沢山の物が収まりました。

旧教室の収納扉を外して、大工の親方に作り方を教わり、ホームセンターで材料を買い、
生徒さんにご協力頂いて(というより、ほとんどの作業をして頂き)作り上げたテーブル。

そんな思い出もたくさん詰まっています。

明日から教室の皆さんにも大切に使って頂きたいな、と願いながら
今日はテーブルクロスを掛けました。



posted by 385 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教室を移転しました

いけばな都古流は、平成26年9月に移転致しました。

移転先は、中野サンモール商店街の旧教室から徒歩約1分、
中野通り沿い・サンプラザの北側、中野北口富士ビルの5階です。

1階には「三田製麺所」さんが入っています。

新教室地図葉書用.gif

中野サンモール商店街のショーウィンドウを通じていけばなを発信し続けてまいりましたが
15日をもちまして展示を終了いたしました。
教室やお花に関する沢山のご感想やお別れのお言葉を頂き、本当にありがとうございました。

教室は移転致しますが、
今後もいけばなをもっと身近に感じて頂けるよう努力してまいります。

いけばなに興味をお持ちの方のお越しを心よりお待ちしております。
ラベル:移転
posted by 385 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

道行く人の声を聴く2〜想像と創造

IMG_2414.JPG
これはここ数日のショーウィンドウの作品です。
左は『添の吹き返し』・右は『留受けの富士』という花型です。

朝、教室の外に出たら「お姉さん」と声を掛けられました。
見ればTシャツ+ショートパンツ姿の泉谷しげるさん似の男性(以下 泉谷さんと表記)がショーウィンドウの前に。
ちょっと身構えてしまいつつ「はい?」と返事をしました。
すると・・・

『俺、毎朝これ見てるの。
 今までずっと、左側の力強さと勢いがいいな、と思ってたんだけど
 今日は右の繊細さもいいな、と思いながら見てたら
 お姉さんが出てきたから、つい声かけちゃった、ごめんね』

いえいえ、こちらの方が失礼しました。

『でもさ、こういうの、枝が小さいころからクセをつけるの?
 それとも、いろんなところを探しまわって見つけるの?』

そこで、楔撓めの方法を詳しくお話ししました。
すると泉谷さん、目を閉じてうなづきながら私の話を聞いて下さり、

『ごめんね、目閉じちゃって。
 でもね、俺、目を閉じてあなたの言ってる事を想像するの。
 目で何か見ちゃうと、それしか解らないけど
 目を閉じて想像すると、いろんな情景が浮かぶでしょ?
 それでね、その想像の中で、こんどは自分にできそうな事を考えるの。
 どういう風に自分が応用できるかなって、考えるの。
 より深く理解して、何かを作りだしたいの。』

想像して、創造する。

泉谷さんの言葉に、
自分は想像し、創造しているのか?
己の身を正さなくては、と背筋を伸ばした朝でした。

道行く人の声、勉強になります。



【おまけ】

泉谷さんの声を聴いた後、今日の掛け軸にこちらを選んでみました。
IMG_2413.JPG

『一聲』 紫野雪窓書


posted by 385 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする