2014年07月01日

今日は富士山の山開き

今日は富士山の山開きです。

毎年この日の為に、6月の末に生けるお花です。

富士山を生ける.JPG

これは都古流で「留受けの富士」と呼ばれている、
富士山の近景を生けた花型です。

毎回、富士を形作る楔撓めには緊張しますが
今年も無事クリア、登頂成功です!


本物の富士山が見えるかと
夕方でしたが自宅の屋上に上がり、西の空を見上げてみました。

天使の梯子.jpg

あいにく富士山は見えませんでしたが
幻想的な空に出合いました。

「天使の梯子」と呼ぶらしいですよ。







ラベル:富士山

2014年06月16日

投げ入れ強化週間

今週は投げ入れが人気。

投げ入れ1.JPG

大ベテラン、一澄先生は
クリーム色のアナスタシア・デルフィニウム・赤ドラセナ。

大人っぽい雰囲気です。




投げ入れ2.JPG

中堅どころの一葵さんは
沙羅の木に薊と竹島ユリ。

器の曲線と花の曲線をリンクさせてみました。



投げ入れの、風が吹いたら崩れてしまいそうな危うさが好きです。











posted by 385 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

父の日

今日は父の日。

父の日

全てのお父さんに感謝を込めて・・・。

2014年06月11日

道行く人の声を聴く

都古流本部・家元教室は、東京のJR中野駅北口・中野サンモール商店街』にあり、
そのショーウィンドウにはいけばなが飾られています。

今日のショーウィンドウがこちら
IMG_2172.JPG

左はギガンジウム・カラー・擬宝珠の盛り花、
右は玉氷室杉のお生花です。


そして、教室の中から聞いた、道行く人のご感想


『きれいね〜』
 (ありがとうございます。)


『これこれこれ、ネギ坊主よ! 裏の畑のネギ坊主、私も生けてみようかしら?』
 (一応、ギガンジウムというお花です。でも、茎を切ると確かに葱の香りがする・・・)


『松ね? 盆栽みたいね』
 (玉氷室杉といいます、盆栽っぽく飄々とした作品を目指して生けました!)


『うわ、なにこの鳥の巣ー!!!』
 (アフロみたいとは思ったけど、確かに鳥の巣みたいですね・・・。)


他にも、嬉しいご意見や耳の痛くなるご意見、笑っちゃうご感想など
沢山聞けるこの教室。

道行く方々のご意見を密かに伺いながら
日々精進に励んでおります。

2014年06月08日

華道協和会展、開催中!

梅雨入りしてから続いた大雨が
少し落ち着きました。

これなら外に出られそうですね。

『華道協和会展』.日比谷公園・屋外陳列場にて、本日4時まで開催しております。
雨雲が油断している隙に、
ぜひお出掛け下さい!

野音のリハーサル音が響いています。
野音にお出掛けの方々も、
お立ち寄り下いませ、お待ちしております!
posted by 385 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

令法・りょうぶ・リョウブ

『令法』と書いて、「りょうぶ」と読みます。

お花屋さんによっては『両武』とも書くようです。

明るいグリーンの柔らかい葉と、白い房状の花。
流れるような枝のラインを持つこの令法をお生花のお稽古に使いました。

令法 かるかや 一芳さん.JPG

一芳さんは『かるかや(手桶)』を用いて粋な一作。

一芳さんにとって令法は秀作展でも生けた思い出の花材です。
渋い線を持つ枝を真(一番高い枝)に選んで撓めを効かせた、職人気質な作品です。


IMG_1985.JPG

こちらは一由さんの三つ寄せ。

3つの高さの異なる寸筒を合わせて飾る花型は別名『澪標(みおつくし)』と言います。
今回は令法の軽やかな枝振りを生かすために、かなり小さめの3筒を使っての作品、かわいいでしょ。

普通の花台では印象が重すぎるので、北欧製のお盆に載せてみました。












posted by 385 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

沙羅の木のお生花

『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
 沙羅双樹の花の色、栄枯必衰の理をあらはす』

日本の高校生以上の皆様にはおなじみの平家物語。
この冒頭で、盛んな者にも必ず衰えるというこの世の道理を表すとされた花、沙羅。

そんな沙羅の木のお生花です。

一孝さんの沙羅の木.JPG

写真が暗くて見ずらいですが、艶のある白い花と赤い額のコントラストが
まるでライチみたいで、本当に可愛らしい花材でした。

枯れずにずっとこのままでいてくれたらいいのに・・・。

この作品を生けた一孝さんは入会2年目。
木苺のような、カクカクとクセのある沙羅の木の足も、
さらっとまとめられるようになりました、ㇷㇷㇷ・・・。

この沙羅の木には、蕾・花と共に、
朝顔のタネのような形状のタネがついていました。
一本の枝に、蕾・花・種が付いているなんて、
「栄枯必衰」ではなく、生命のつながり・未来を感じてしまいますね!







posted by 385 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

母の日に

母の日に姉がカーネーションを買ってきたので
イボタと合わせてお生花に生けてみました。

母の日に.jpg

母の日に、お母さんに贈りたいものランキングの第一位はお花だそうです!

鉢植えやプリザーブドフラワーも素敵ですね。
でも、お母さんの為に自分で生ける『いけばな』も
日頃の感謝の気持ちをたっぷり込められる、世界に一つだけの贈り物です。

母の日に、カーネーションのいけばな、ぜひ生けてみませんか?

2014年03月31日

ブログアドレスが変わります

3月31日をもちまして、ブログのアドレスを
下記の通り変更いたします。

http://miyako-koryu.seesaa.net/

移行後もどうぞよろしくお願いいたします。



posted by 385 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

MERRY CHRISTMAS !

MERRY X-MAS!

皆さまの楽しいクリスマスをお祈りして生けた、クリスマスのお生花です。

クリスマス.jpg

ポインセチアは「ウィンターローズ」という素敵な名前です。
着色ユーカリと共に、サンタの本場フィンランド製のガラス器で。



クリスマス2.JPG

少し華やかに、温かい色合いのシンピジウムを使いました。
着色シダとドライフラワーのマキヤナギとの取り合わせ。
上段の柳が良く見えなくてすみません。


古典らしからぬ華やかさを生けた作品達は
ショーウィンドウをご覧になった方々から
いつもと違うお言葉を頂きました。


そして、今日は少し模様替えし、
ご覧になった方々が笑顔になれるような作品を飾っています。
お近くにお越しの際はぜひ覗いてみてください。
お待ちしております。

では、全ての方に楽しいクリスマスが訪れていますように。
Merry Christmas !





2013年10月22日

いろとりどり

秋、お花の美しい季節です!
この時期いけばな展も各地で開かれ、いけばなの季節でもあります。

今回のお稽古、家元教室でもとても色の美しい花材が揃っていました!

Tさん.JPG

Tさんの作品は、三角アカシアにトルコギキョウと鶏頭の組み合わせ。
トルコギキョウと鶏頭、ピンクの濃淡2色はファンシーな印象ですが
秋めいた色合いの三角アカシアをたっぷり使って、落ち着いた印象にまとめました。

今年4月にいけばなデビューしたTさん、
半年経って、イメージだけでなく理論的に考えてお花を見つめるようになられました。
短いように感じるこの半年ですが、沢山の事を吸収されてることに感動です!





Kさん.JPG

こちらはいけばな歴1年半、もうすぐ昇級のKさんの作品です。
沢山の細い線が下がっているこの枝ものは「きささげ」、これだけ見るとちょっと不気味。
これにオレンジ色の大輪の花ピンクッションと緑濃いレザーファンを合わせた、
ハロウィン風味の花合わせ。

でも、たっぷりのレザーファンで水際を引き締めたので、不気味さよりも瑞々しさを感じますよね!
自信をもって、行きましょう!

(ちなみに、同じ組み合わせの花材を投げ入れに生けた一由さんは、
きささげとピンクッションを生けた時点で地獄を表現できたそうです。
レザーファンを入れて変わったそうですが・・・)



一葵さん.JPG

そして鮮やかな花たちを鮮やかに生けた一葵さん。

赤い線はハイビスカス、この季節は花ではなく、実がついてます。
黄色のオンシジウム、緑のドラセナ。

最近は毎回「何か新しい感じ」を求めて花に向かっている一葵さん、
今回はハイビスカスの柔らかい線を生かす枝使いを考えての投げ入れ作品です。
一葵さんは入会してもうすぐ5年目になります。
お伝えした秘策もたくさんあります。
それらをキチンと自分のものにしてのこの一作。

お稽古終了後に、花器から抜いてしまうのが惜しいくらいに優雅で素敵な作品だと思いました!



以上、可愛らしい花・ちょっと不気味な花・優雅な花と
教室を飾ったいろとりどりのお稽古の自由花作品達でした。


posted by 385 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

南天の自由花

お花が美しく食べるものが美味しい季節、秋。
一時の暑さは、今はもう昔のことになりましたね。

時の経つのは早いものです。


今週は嬉しいことがありました。


出産のために半年ほどお休みだった一李さんが
ママになって、今月からお稽古に復帰です!

久しぶりのお稽古の作品は、秋の代表のような鶏頭の入った組み合わせです。

一李さんの花.JPG

これは基本型の一つ、横に長く伸びる線を生かす花型。
瑠璃虎の尾を片寄せて配したところが個性的。

「クラシカルな印象の強い花材の取り合わせですが、モダンにまとまりましたね」(家元より)

南天の枝の途中に出た新芽(=南天の赤ちゃん)を
「可愛い、可愛い!!」
と大切そうに眺めながら、じっくりと生けた復帰第一作でした。




同じ花材を使った作品をもう一つ。

一翠さん.JPG

一翠さんの、すっきりとした南天の枝を伸びやかに立てた作品です。
落ち着いた印象、秋の高い空を思わせる作品。

一翠さんも先月夏バテから復帰し、順調そうです。嬉しい限り。


南天は「難を転ずる」植物として、お正月にも生ける
縁起の良い植物です。


皆さまに、更に良いことが沢山訪れますように。



posted by 385 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

石化柳のお生花

石化柳のお生花は、とても難しい。

暴れまわるように曲がりくねった美しい枝先は
「私、こちらの向きしか見せないわ」と、女優のように
使える向きを限定してきます。

丸くなることを拒否するように平たくつぶれた幹は
「もうちょっと向きを変えて・・・」とお願いしながら根本を回転させても
気づくと元の向きに戻っている頑固者です。

まるで人の手で姿を変えられることを拒んでいるよう。


石化柳のお生花、お稽古では7本入っている柳を7本生けにします。
つまり、「この枝は癖が強すぎるから使わない」とは言えない。

他の花材よりも少し、緊張してしまう花材なのです。

これに挑んだのが一史さん。
ヒバ・行李柳・石化柳と3種類用意していましたが
迷わず石化柳を選んだ怖い者知らず、いえ、チャレンジャーでした。

一史さん石化柳.JPG

ちょっと足が短めではありますが、立てるだけでも大変なこの柳、
最初に広げた花材を見て「うわ…」と思った瞬間から、
完成するまでの過程を共に戦った(そう、戦ったのです)ので、
生けあげた爽快感はひとしおでした。

作品全体の力強さと、特に添(左側に伸びた枝)に使った枝、
ワイルドな曲がりっぷりを良くまとめたと、家元も感心していらっしゃいました。




そしてショーウィンドウ用に生けたもう一作の石化柳がこちらです。


石化柳.JPG

上手くまとめたけど、ちょっと石化柳のワイルド感は控えめ・・・。

次回は一史さんの石化柳らしい自由な枝使いとショーウィンドウの花型のまとまり感、
2つの融合した姿を目指しましょう、ね、一史さん。そして皆さんも。






ラベル:お生花 石化柳
posted by 385 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

9月2週目 お稽古のお生花は力作が続々

9月2週目のお稽古では
お生花もなかなかの作品が並んで
どれをご紹介しようかちょっと悩むくらいでした。

そこから、まず、これ。

一敏さん.JPG

このお花は「沢桔梗」といいます。
薄い紫色のラッパ状の小さなお花が、グラジオラスのように縦に並んで咲いています。

一敏さんはシンプルな7本生け。
可憐で華奢な沢桔梗に合わせて、敷板ではなく木でできたランチョンマットを合わせました。

秋到来!って思わず唸りそうな仕上がりですよね?

同じ花を手桶花器に生けた方々の作品も、本当に素敵でした。



サンゴ水木も素敵でした!

一葵さん.JPG

こちらは一葵さんの作品です。

手で撓めただけでは、すぐに真っ直ぐに戻ってしまうサンゴ水木、
しっかりと形を付けたい部分には、楔撓めを施します。

この楔撓め、細い部分ではとても精密な作業になり、難しいのですが
一葵さんは直径3ミリほどの枝に細かく細かく楔撓めを入れ、
とっても繊細な曲線を作り上げました。

技術点はもう満点!

他の皆さんもそれぞれにきっちりと美しい花型を生けていて、
見ている私がうれしくなる、
赤い枝に明るい葉の色が爽やかなサンゴ水木のお生花でした。


posted by 385 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月2週目 お稽古での自由花たち

朝晩涼しくなって来ました。
季節の変わり目ですね。

今週の教室では、夏の名残を感じさせてくれる鮮やかなお花と
秋の到来を感じさせてくれるお花、
両方を楽しみました。

まずは夏の名残から。

一翠さん.JPG

一翠さんの作品。

花材は開運竹・アンセリウム・ゴットセフィアナです。
ガラスの水盤に合わせて、スッキリと。

一翠さん、体調を崩して夏はレッスンお休みでした。
遅まきながら夏を楽しむ気持ちがあふれた作品ですね!




同じ花材でもう1作。

Sさん.JPG

Sさんの作品。
Sさんは基本形習得中なので、
今回はたっぷりと大きく広げた三角形の中での
アンセリウムの表情のつけ方がポイントです。

合わせた器と花たちの間の取り方の違いで、
ちょっとポップな印象になったでしょうか?



さて、次は秋本番のお花たちの登場です!

一恵さん.JPG

すすき・吾亦紅・女郎花・竜胆・鶏頭の組み合わせ。

一恵さんは、柔らかい水盤を使って
秋のお花たちをたっぷりと盛り込むように生けました。

一恵さん、この秋は「いけばな大正2013」展・フリースペースの部に参加が決まりました!
11月の展覧会までは、みっちりと展覧会用のお花のお稽古をする予定なので
軽やかなお花とはしばしお別れです。

こちらの展覧会もお楽しみに!



そして同じ花材でもう一つは、投げ入れの作品です。

一由さん.JPG

一由さんは秋草を大きなカゴに合わせました。
秋草とカゴ、これ以上無いような組み合わせ!

この夏から投げ入れに挑み始めた一由さん。

投げ入れは難しいと思う方も多いですが、
投げ入れでは、そっぽを向いてしまうへそ曲がり(?)のお花に手こずったり
言う事を聞いてくれるお花たちがとってもかわいく感じられたり
じっくりと一枝・一花のお花と向かい合うひと時は、また、格別ですよね!












posted by 385 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古の自由花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

ホームページをリニューアルしました

都古流のオフィシャルサイトを移転・リニューアルしました。


新しいアドレスは
http://miyakokoryu.jp/
             です。

暑い日はお家の中でネットサーフィン。
そして、お花に触れるのも良いですね。

ご意見・ご感想など,ぜひお寄せ下さい。
お待ちしております。

なお、旧サイトも引き続きご覧いただけます。
そちらでは過去の都古流をお楽しみ下さい。






posted by 385 at 11:27| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

同じ花でも・・・

お稽古に『西洋リョウブ』というお花が届きました。



一芳さんのかるかや.JPG

一由さんの西洋リョウブ1.JPG

一由さんの西洋リョウブ2.JPG

この3作品、みんな同じ西洋リョウブを使ったお生花です。
でも、かなり印象が違いませんか?

一番上の作品は一芳さんの作品。
枝に癖が無くすっきりとした印象で、最も西洋リョウブらしい作品です。
まっすぐな線を丁寧に撓めて、美しい曲線を作り出した作品です。

2番目は一由さんの作品。
クセのある枝をうまく生かした、枝ぶりを利用した作品です。
特に「添」という右側に伸びる線、手にした時に「添に使って!」と言ったとか言わないとか・・・。


そして3番目、これも一由さんの作品なのです。
2番目の作品を生けた後の残り枝もとっても素敵なクセ者で、
上手く組み合わせて小さな一作になりました。


同じ西洋リョウブでも全く違う枝ぶりがあり、
枝ぶりの違いで同じお生花でも全く異なる印象の作品に仕上がる、
人もお花も個性を生かす事が大切ですね。
ラベル:西洋りょうぶ
posted by 385 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古のお生花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

富士山世界遺産登録、おめでとう!

とうとう富士山が世界遺産に登録されましたね!

都古流のショーウィンドウでは、富士山登録祈願に
小さな富士山のお生花を飾っていました。

高受け富士小品.jpg

日本の願いが叶って何よりです!

本物の富士山もいけばなの富士山も
雄大で美しい姿を後世に伝えられるよう、頑張りましょう。









2013年06月20日

神奈川県華道展、開催中!

ようやく梅雨らしい天候になりました。
豊かな実りには必要な時期ですね。

豊かな実りのお蔭で成り立ついけばなですが
この季節にも実りへの感謝をこめてのお花の展覧会、開催中です。

神奈川県華道展.JPG

『神奈川県華道展』、今回は厚木市文化会館で開催です。
場所は小田急線・本厚木駅より徒歩圏内。

19日よりすでに開催中で、大勢のお客様で賑わっています。
お花って、梅雨のうっとおしさなんて吹き飛ばしてくれますよね。

明日からは第2次展が始まります。
都古流からも25番席に石川一照が出品します。

ぜひ会場にて、爽やかな梅雨を感じて下さい。
お待ちしております!
posted by 385 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お花の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

華道協和会展のご案内

本日6月7日・金曜日・午後より、日比谷公園屋外展示場にて
『華道協和会展〜古典から現代』が開催されます。

華道協和会展.JPG

華道協和会とは、流派の垣根を越えて幅広く
古典様式のいけばなを勉強をしている団体です。

今回の展覧会もバリエーションに富んだ古典様式のお花を
沢山ご覧いただけます。

都古流からは、家元・小林一阿彌がしっとりとした
古典作品を出品しています。

ぜひお出かけください、お待ちしております。

 
■会場■  日比谷公園・屋外展示場(テニスコート横)

■会期■  6月7日・金曜日〜9日・日曜日
      午前10時〜午後4時


   
日比谷公園 カラスのから子ちゃん.JPG   
美しいお花たちの来訪に、カラスもご満悦。
posted by 385 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。